「未来ぐんぐんネット」にアクセスいただきましてありがとうございます。
誠に勝手ながら、 「未来ぐんぐんネット」は、2019年1月28日をもちまして新しいサイトに統合させていただくこととなりました。(https://www.growthhormone.co.jp/)
統合にあたり、これまでご活用いただいていておりました「成長曲線の記録」のサービスは終了させていただき、ご登録いただいたデータは申し訳ありませんが削除させていただきます。
データ・グラフなどを保存されたい場合には、恐れ入りますが患者様ご自身でご確認の上、保存いただきますようお願い申し上げます。
※https://www.growthhormone.co.jp/ より成長曲線がダウンロードできますので、成長の記録の保存にご活用ください。
長年のご利用誠にありがとうございました。


本サイトは弊社製品「ヒューマトローペン®」をお使いの患者さんとそのご家族の方を対象に作成された成長障害に関する治療薬の情報提供サイトです。
弊社製品による治療について正しく理解し、適正に使用していただくための情報や治療を手助けする医療制度などを紹介しております。

弊社製品をお使いの患者さん、またはそのご家族の方は「先に進む」を、それ以外で成長ホルモン関連疾患情報について知りたい方は「疾患情報サイトへ」をクリックしてください。

「小児慢性特定疾病」の申請手続き

「小児慢性特定疾病」の申請は誰がすればよいですか?

「小児慢性特定疾病」の制度を利用するのには手続きが必要です。通常は小児の父母が住んでいる自治体に申請しますが、加入している医療保険によって、申請者が異なります。

被用者保険(健康保険、各種共済など)の場合
➡原則として、小児(患児)を扶養している被保険者(通常は小児の父母)

国民健康保険の場合
➡患児の保護権を有する者

申請時には何が必要ですか?

申請には何種類かの書類が必要になります。必要な書類は住んでいる地域によって異なる場合もありますので、主治医や自治体の窓口、保健所などで確認しましょう。

  • 要チェック!
  • 申請時に必要な書類

全員に必要な書類

  • 申請書兼同意書
  • 医療意見書(小児慢性特定疾病医療意見書)
  • 受診医療機関申請書
  • 世帯調書
  • 医療保険証の写し(被保険者と患児の写し、国民健康保険の場合は住民票における全世帯員の写し)
  • 住民票(申請者と患児の記載されたもの、国民健康保険の場合は住民票における世帯全員が記載されたもの)

追加で必要な書類

  • 重症患者認定申請書兼診断書(重症認定申請をする場合)
  • 人工呼吸器等装着者申請時添付書類(人工呼吸器等装着者として申請する場合)
手続きはどのようにすればよいですか?

制度を利用するために下記の手続きが必要です。

小児慢性特定疾病制度
  利用までのステップ

  1. 小児慢性特定疾病の「指定医」を受診して「医療意見書」を交付してもらう
  2. 書類を揃えたら、住んでいる地域の保健所または市区町村の窓口に提出する
  3. 審査で小児慢性特定疾病に認定されたら、医療機関等へ受診する

  • ※申請手続きの書類や方法は地域によって多少異なることがあります。事前に主治医や自治体に確認してみましょう。
  • ※指定医等は、都道府県のホームページなどで公表されています。
有効期限はありますか?

世帯の所得状況や疾病の状態は変化しますので、小児慢性特定疾病医療受給者証(以下「医療受給者証」)の有効期限は原則1年となっています。医療券の有効期限が切れる前に、毎年、申請・更新の手続きが必要です。

参考:政府広報オンラインホームページ
小児慢性特定疾病情報センターホームページ

ページトップへ